swatanabe’s diary

ラノベ作家をめざしてた元ニートの備忘録です。基本ラノベと創作、ゲームの話しかしません。好きなようにしか書きません。

知人の知人が、海外の無料画像・写真サイトの当たり屋ビジネスに12万請求された話を聞いて。

無料画像・写真サイト、便利ですよね。

筆者は基本的に使わないのですが、TPOとの兼ね合いで仕方なかったり、仕事を頼んだライターの納品原稿に使われていたりするときは、いくつかの個人的に設けている条件が満たされたサイトの素材に限り使用しています。

なぜ使わないかというと、カメラ好きなので自分で撮りたいから(ニコ厨ならぬニコン厨)なのですが、もうひとつ「怖いから」という理由があります。

 

無料画像・写真サイトを使ったことがある方なら、一度はこんな想像をしたことがあると思います。

「もし使った画像が、このサイトから取り下げられたら、どうなるんだろう?」
「もしかして、損害賠償とか請求されるの・・・?」

ぱっと思いつくリスクですね。

悪い人なら、

「あそこに写真アップして大量に使わせた後に取り下げて、損害賠償を請求しまくれば儲かるじゃん!」

なんてこと、すぐ思いついたことでしょう。

 

実際、自分が使った写真が無料写真サイトから削除された場合、当該写真を使っているサイトはどういう扱いになるんでしょう。

 

たとえば、有名な無料写真サイトの「写真AC」の利用規約には、

2. 写真に欠陥があったり、低品質であったり、何らかの権利を侵害していると判断される場合あるいは写真ACに掲載することが不適切であると判断した場合は、 弊社は写真のアップロードを拒絶し、あるいはアップロード済みの写真を削除する権利を有します。弊社は写真を削除する際に、当該写真をアップロードした会員に削除の事実及びその理由を通知する義務を負いません。

(中略)

4. 写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。

5. 写真をアップロードした会員は、弊社あるいは写真をダウンロードした利用者、その他いかなる第三者に対しても著作者人格権を主張しないものとします。これは学校や教育機関など、グループとして写真をアップロードする場合にも適用されます。

(中略)

13. アップロードした写真を会員が弊社の承諾なく削除することはできません。

(引用:写真AC「利用規約」より)

って書いてあるのですけど、

「削除した場合、その写真を使っているサイトの扱いはどうなるのか?」

あたりは見えてきません(読み漏らしてるだけ?)。まさかいきなり写真すべて削除して「俺らの写真を勝手に使いやがって。損害賠償を払え」なんて言ってこないとは思いますけど。

 

ただこのあいだ、海外の無料写真サイトを使っていたライターさん(知人の知人)が損害賠償請求を起こされたという話を聞いて、個人レベルでそうした当たり屋ビジネスめいたことをやっている人はいるんだなというのを知りまして。

最終的にはライターさん6万+サイト運営会社6万を払って終わったらしいのですが、無料写真サイトを使っていたのに権利問題になったお二方は、気になっていろいろ調べたらしいです。そうしたら、どうやら海外には自分の画像を使っているサイトを探してくれるクローラーめいた専用サービスがあるらしく、それ使って当たり屋をやっている人たちがいるみたいです。

もっとも、このライターさんも利用規約をしっかり読まないで、単にサイトトップページの「Free Photo」的な文言だけ見て大丈夫と判断してしまったらしいので、ちょっと自衛の意識が低くはないかな、と。

いえもちろん当たり屋をやるのが最も悪いですし、この方は間違いなく被害者です。ですが、自分とクライアントを守るためにも、やっぱりちゃんと信頼できるサービスかどうかの見極めは行うべきだよね、と。「英語わからないので海外の利用規約が読めません」とかなのかもしれませんが、今はGoogle翻訳でも何でもありますし(なくても読まなきゃいけないものですけど)

 

とにもかくにも、写真素材を使うなら、やっぱりShutterstockのようなサービスが安全なのかなと思っています。少なくとも海外の無料写真サイトだけは、怖いから避けたい今日この頃(自分で撮るのが、安全で楽しいので、いちばんだと思います)

 

とりあえず、そんなところです。

眠いので、寝ます。

 

(ちなみに一応お伝えしておくと、今回この記事で写真ACを取り上げさせてもらったのは、単にブラウザのブックマークから行きやすかっただけで他意はありません。筆者は無料写真サイトを使う場合、いつも写真ACとShutterstockを使わせていただいています。ありがとうございます)