swatanabe’s diary

ラノベ作家をめざしてた元ニートの備忘録です。基本ラノベと創作、ゲームの話しかしません。好きなようにしか書きません。

BBCF・ハザマのチャレンジをクリアしたので自分なりのコツを備忘しておく

f:id:pewyd:20190918051131j:plain

ずっとHardがクリアできなかった最後の一人・ハザマ。長らく#10で詰まってましたが、昨日やってみたら、なぜかあっさりクリアできたので、そのまま流れでExpertまでクリア。今になって思えば、なんであそこまでダッシュ→5Aに手こずってたのか不思議でならない・・・。苦笑。

ドライブがやや特殊な点、機動が曲線的かつハイスピードな点がコンボを難しくするタイプですが、基本「速く正確に入力できるかどうか」なので、練習してれば絶対にできる=先が見えているという点では、メンタルに優しいキャラだと思います(じゃあなんでここまで手こずったし。苦笑)。攻撃の入力タイミングが特殊なコンボが多いのが、少し厄介なくらいでしょうか(特に蛇竜烈華斬やジャンプ6Dを当てるタイミング)

 

なにはともあれ、これにてクリア率98.40パーセント。

 

f:id:pewyd:20190918051411j:plain

 

残1.60パーセント。残るは6人。アラクネ5つ、バング4つ、カルル3つ、ハクメン1つ、μ - No.12 - 1つ、イザヨイ1つ。

アラクネ以外、一度は全ミッションにさわった上で諦めてるので、さてクリアできるのやらといった感じです。

とりあえず次は、バングかカルルあたりでしょうか。ほかは全員クリアできる気がしないので・・・(カルルも正直しないんですけど、セコい手を使って上手いこと逃げられそうな気配を感じてます)

 

     *

 

Normal

f:id:pewyd:20190918051932j:plain

特殊なドライブに慣れるまで時間がかかったり、ジャンプCの回数を数え間違えたり、滞空時間や高さが足りなかったり、けっこう手こずりました。特に多かったミスが、ドライブが当たる前にウロボロスを発動させてしまうというもの。焦らないことが大事ですね。

#01

特になし。

#02

特になし。

#03

2度目の3Cは結構早めに入力しても受付してくれる。

#04

背景がDD演出からステージに戻ったところで66→Bを入力(ダッシュは最後まで出す)。その後、牙昇脚ヒット後、一拍だけ置いて蛇咬を出す。

#05

特になし。

#06

特になし。

#07

ジャンプCの回数を数え間違えないように注意する。

#08

相手がジャンプの頂点から少し落ちてきたところで最初の2Cを当てる。

#09

特になし。

#10

ウロボロス(A)は、ドライブがヒットしたのを確認してから入力。最後の蛇竜烈華斬はわりと余裕があるので焦らないこと(相手が地面に叩きつけられて、動かなくなったあたりの発動でも入る)

 

Hard

f:id:pewyd:20190918052425j:plain

  • コンボが長い上にハイスピード
  • 空振りや細かいダッシュ(というかステップ)などトリッキーな操作が登場する
  • 攻撃を入れるタイミングを取りにくいコンボがある

などなかなか厄介な要素が増えますが、基本Normalが長くなっただけなので、そこまで難しくないと思います。ただ、個人的には(なぜか)#10が鬼門で、ここで2ヵ月くらい詰まってましたが。苦笑。

#01

ダッシュはヒットした直後に入力(当たったのを見てから素早く入れるイメージ)。その後は素早く入力。遅いと5Cの2段目が出てしまう(けっこう早くないと駄目)

#02

牙昇脚の後は入力判定の発生がかなり遅い。相手が地面スレスレまで落ちてきたあたりで66Bと入れるとちょうど良い。

#03

ウロボロス(A)は、ドライブが当たって一瞬だけ待ってから入れる。

#04

蛇翼崩天刃ヒット後、相手が頂点に達したらダッシュ→蛇刹→5Cをポン・ポン・ポンと多少ゆっくり入力するとちょうど良い(ポポポンと素早く入力すると早すぎるので注意)

#05

2度目の蛇刹は、直前のDがヒットすると同時に入力。一拍だけ置いて相手が動くのと同時に66Aを出すイメージだと成功しやすい。ウロボロス(A)は、きっちりヒットしたのを見てから入力する。

#06

ジャンプCの空振りは、D押す→Dヒット→D押す→2Cとポンポン入力してれば空振れる。その後、5C→2D→蛇刹は焦らないことが大事。

#07

5Dからのウロボロス→ジャンプ2Cはすぐに出して相手の真下から正面あたりで着地すると、5C前のダッシュは省ける。

#08

蛇咬は、相手が頂点から少し落ちたあたりで出す。早すぎると空振るので注意。

直後の6Cは、相手が地面に叩きつけられるのと同時にダッシュしてから出す。ダッシュで可能な限り近づいておく。その後のウロボロスは、ジャンプ2Cの空振りを速攻で出してすぐに着地。あとは内容の通り。

#09

OD後のダッシュは、ODがきちんと切れてから、ほんの少しだけ入れる。入力が早すぎると66Cの最初の6が受付されず、その場で6Cが出てしまう。あとは覚えるだけ。ウロボロス(A)は、2Aで出すと次の2Dが出しやすい。

#10

ダッシュ→5A(諸悪の根源)は、相手が頂点から少し落ちたあたりで入力。かなり低めで当てないと、2Cが届かないので注意。その後の2度目のウロボロス(8)は、速攻で出さないと相手が先に復帰するので注意。

 

Expert

f:id:pewyd:20190918052805j:plain

コンボが長いこともなく、そこまで鬼畜な操作を要求されることもなく、他のキャラのExpertと比べると全体的に平易でした。#09の蛇翼崩天刃が慣れないと厄介ですが、これもそこまで難しくないと思います(正直Hardのほうが云々・・・苦笑)

#01

特になし。

#03

とにかく全て速攻で入力するだけ。ただ最初のウロボロス後の裂閃牙だけは、一拍だけ開けてから出す(早すぎると相手が高すぎて当たらない)。冒頭の5C、次の5C、最後の8Dの前にダッシュを忘れないこと。

#04

蛇刹は、蛇翼崩天刃で吹き飛んだ相手が頂点から少し落ちたところで入力。そこから蛇滑と残影牙を、気持ちゆっくりめに入れる。直後の5Cはダッシュを入れてから当てて裏へ回る。蛇刹は8Dがヒットしたのをしっかり確認してから入力すること。

#05

蛇翼崩天刃の後は、相手が頂点から少し落ちたところでダッシュ→蛇刹→蛇滑→牙昇脚。蛇咬はある程度の高さで当てないと相手が壁に叩きつけられないので、遅すぎてはいけない。また着地したのを確認してから入力すること。

ジャンプ6Dは相手が地面に落ちて動かなくなったあたりでジャンプ。サンプルでは7を入れてるが、8でも良い。

ジャンプ6Dからの6Cは、ウロボロス中にダッシュを入力しておき、着地と同時に6C。これで6Cの前半のステップを着地後に省ける。ダッシュの入力タイミングは着地寸前より気持ち早めあたり。ウロボロス直後はNG。

#09

蛇翼崩天刃は、サンプルのように2142144Bと入力。最後を44→Bとすると発動前にダッシュできるため、相手との距離が多少あっても当てられる。流れとしては、6Cヒットと同時に入力を開始し、着地と同時に最後の4Bを入力するイメージ。Bは気持ち遅めだと成功しやすい。

#10

最初のジャンプ6Dは、相手が地面に倒れて動かなくなってからジャンプ。中盤の2Dからの蛇刹は、最速で入力する(少しでも遅れると相手が硬直してくれない)