swatanabe’s diary

webライター、ラノベ書き(アマ)。だいたい創作とゲームとラノベの話です。

身長180センチ・体重70キロというキャラ設定は妥当なのかという話が面白かった

ちょっと後でリライトすると思いますが。

少し前、ゲーマーの友達とラグビーの話をしてた時に出た、創作キャラクターの身長・体重に関するちょっと面白かった話です。

 

絶賛開催中のラグビーワールドカップ。日本の大躍進もあって大盛りあがりですね。筆者は父親が大のラグビー好きだった影響で(父は岩手・釜石の出身)、幼少期に大学ラグビーや日本選手権をテレビで見せられては、試合展開やうんちくを語られた苦い過去があり、ラグビーは少し前まで「最もわかるけど、最もきらいなスポーツ」でした。苦笑(数年ほど前から後ろが抜け落ちて、ようやくまともにトップリーグの試合を楽しめるようになりました)

 

それは置いといて。

 

その友達が「稲垣選手の体、すごいよな。180センチ・110キロで、体脂肪率10パーセントって、なに食ってなにしたら、そうなるんだろうな」と言ってたんですね。

稲垣啓太選手。日本代表のプロップ=スクラム最前列3人の一人(左右にいる人)

 

www.nikkansports.com

 

上記の記事当時は、186センチ・116キロみたいですね。

スクラムを想像していただくとおわかりのように、最前列のお三方って、まぁごついわけです。びっくりするほど。ラガーマンの皆さん、もれなくごついですけど、その中でもフォワード、中でもフッカーやプロップの方は本当に屈強(特殊なルールが設けられるくらい危険なポジションなんで、そうならざるを得ないわけですけど)

 

で。

ここからゲームの話なんですが、RPGや格ゲーのキャラクターの身長・体重って、どんなもんなのかねという話になりまして、2人で軽く調べてみたのです。

以下、ぱっと思いついた格ゲーから男女4キャラずつ載せてみます(RPGはほとんど情報がなかったので格ゲーだけです)

 

キャラクター ゲーム 身長 体重 差分 参照先
リュウ ストV 175cm 85kg -90 ココ
ガイル ストV 182cm 99kg -83 ココ
サンギエフ ストV 214cm 181kg -33 ココ
エドモンド本田 ストV 185cm 137kg -48 ココ
キャミィ ストV 164cm 61kg -103 ココ
レインボー・ミカ ストV 168cm 70kg -98 ココ
さくら ストV 157cm 52kg -105 ココ
春麗 ストV 169cm 秘密 ココ
ソル GG Xrd Rev2 184cm 74kg -110 ココ
ジョニー GG Xrd Rev2 184cm 72kg -112 ココ
レオ GG Xrd Rev2 196cm 83kg -113 ココ
琴慧弦 GG Xrd Rev2 246cm 199kg -47 ココ
イノ GG Xrd Rev2 165cm 46kg -119 ココ
ミリア GG Xrd Rev2 169cm 48kg -121 ココ
ラムレザル GG Xrd Rev2 167cm 52kg -115 ココ
エルフェルト GG Xrd Rev2 168cm 夢kg ココ
ラグナ BBCF 185cm 78kg -107 ココ
テルミ BBCF 183cm 61kg -122 ココ
バング BBCF 192cm 105kg -87 ココ
アズラエル BBCF 203cm 160kg -43 ココ
ノエル BBCF 157cm 48kg -109 ココ
レイチェル BBCF 145cm 31kg -114 ココ
バレット BBCF 175cm 63kg -112 ココ
ナイン BBCF 171cm 56kg -115 ココ
ハイド unist 171cm 55kg -116 ココ
ゴルドー unist 191cm 80kg -111 ココ
セト unist 169cm 49kg -120 ココ
カーマイン unist 175cm 61kg -114 ココ
リンネ unist 141cm 34kg -107 ココ
オリエ unist 163cm 48kg -115 ココ
ユズリハ unist 169cm 53kg -116 ココ
ヒルダ unist 171cm 59kg -112 ココ
ハヤテ DOA6 180cm 75kg -105 ココ
リグ DOA6 185cm 87kg -98 ココ
バイマン DOA6 188cm 105kg -83 ココ
バース DOA6 196cm 157kg -39 ココ
かすみ DOA6 158cm 48kg -110 ココ
レイファン DOA6 163cm 50kg -113 ココ
エレナ DOA6 170cm 49kg -121 ココ
ティナ DOA6 174cm 56kg -118 ココ
稲垣 啓太選手 - 186cm 116kg -70 ココ

 

稲垣選手の身長・体重に近いキャラでいくと、バングあたりでしょうか。

 

キャラクター ゲーム 身長 体重 差分 参照先
稲垣 啓太選手 - 186cm 116kg -70 ココ
バング BBCF 192cm 105kg -87 ココ

 

数値と実際のビジュアルを見比べると、そんなに違和感ない=わりと現実的な体つきでしょうか。皆さん的にはどうですかね。

データ少なすぎるので何ともいえませんが、こうして見ると格ゲーの男性キャラは身長-体重の差分がだいたい90、女性キャラは100〜110のようです。アークさんのキャラは男性差分100〜110、女性差分110〜120あたりと、けっこう軽めですね。ソルとかあんなゴツいルックスしてるのに、184センチ・74キロはかなり驚き。

UNIBは、全体的にさらに軽いですね。セトの169センチ・49キロって、たぶん肉どころか骨まで削れてる恐れ、ありそう。筆者、以前に1日16時間労働・47連勤みたいな生活を送ったことがあって、そのとき身長165センチ・体重45キロまで落ちましたけど、顎の骨が痩せて歯並びが崩れました(左の中切歯が少し前に出てるだけですが)。小学生のころから大金かけて矯正して綺麗にしたのに!(その会社のことは、今でも恨んでます。本気で)

DOAは、女性陣のスペックすごいですね。エレナの170センチ・49キロって、こちらも骨まで削れてるんじゃないかって感じですけど、実際の総合格闘家やボクサーでこの身長・体重の女性がいたら戦えるのでしょうか?

逆に、ストVはリュウやガイルが差分80〜90など、他のゲームより小さめ(リュウ意外と身長低いなぁ)

 

しかし、格ゲーの女性キャラって背高いですね。だいたい165以上。うらやま。

どうでもいいですが、筆者はラムと近い感じの数字です。

 

キャラクター ゲーム 身長 体重 差分 参照先
ラムレザル GG Xrd Rev2 167cm 52kg -115 ココ
筆者 - 165cm 55kg -110 昨年の人間ドック

 

ほんとどうでもいいですね(どうでもいいついでですが、筆者は男です)

 

というか、こうして並べてみると、面白いですね。ナインとハイドが身長・体重ほぼ同じって、マジか。

 

キャラクター ゲーム 身長 体重 差分 参照先
ナイン BBCF 171cm 56kg -115 ココ
ハイド unist 171cm 55kg -116 ココ

 

で、です。タイトルの「身長180センチ・体重70キロが妥当なのか」について。

身長マイナス体重110って、いわゆる平均的な体型の目安にされる数値だと思うのですが、上記のように格ゲーキャラって結構そこに収まってるんですよね。

タイトルはつまるところ、

  • そのガタイでその身長・体重(差分)は、どう考えてもおかしいのではないか
  • その身長・体重(差分)では、どう考えてもその得物は揮えないのではないか

といった話です。その設定、ちょっと無理ないですか? という。

身長マイナス体重=110のルックスって、筆者がちょうどそうなのですが、別にそこまでごつくないです。昨年の体脂肪率、確か16パーセントでしたけど(いちおうほぼ毎日、腕立て100回、腹筋・背筋50回やってるくらいには筋トレしてます)、もちろん格ゲーキャラみたいなムキムキ体型ではありません。笑(腹筋も割れてません)

 

たとえば、GGのソルのルックス、公式ホームページからお借りしますと、

 

f:id:pewyd:20191026064621p:plain

(出典:GUILTY GEAR Xrd REV 2 AC版公式サイト「キャラクター - ソル=バッドガイ」より)

 

「いやいやあなたその二の腕の太さやら屈強な上半身やらで、その身長・体重って、ちょっと待って!」と、友人は驚いていたわけです。

まぁ分からなくもないです。筆者はわりとゆるい(というかそのあたりにツッコムのは無粋と考える)タイプなので、あんまり気にならないのですけど、確かに「いやいやちょい待ち」という感覚も理解できます。

ちなみに身長だけでいきますと、ソルは稲垣選手とほぼ同じです。

 

キャラクター ゲーム 身長 体重 差分 参照先
稲垣啓太選手 - 186cm 116kg -70 ココ
ソル GG Xrd Rev2 184cm 74kg -110 ココ

 

体重差は42キロですね。

このあたりを踏まえると、差分マイナス110と上記イラストがイコールなのを妥当と見るかは、さすがに人によって意見が分かれそうです。ゲームはフィクションではありますけど、受け手は「キャラクター」を「現実の人」に準拠して受け取るでしょうから。特に大きな得物とか扱うキャラクターになると「その体で持つのはさすがに無理では?」といった視覚的な疑問も手伝いはじめて、いっそう受け手の違和感を強めてしまうかもしれません。

ただ、このあたりは世界観にもよるので、一概には言えません。体が小さくてもみんな力が強い世界かもしれませんしね。言い換えれば、そうした妥当性がきちんと担保されていれば、べつになんでもいいんじゃないかと個人的には思ってます(というか、そんな細かいところまで考えるの面倒くさゲフンゲフン。笑)

また、ボクサーや空手家の方々のプロフィールを簡単に調べてみますと、

 

人物 スポーツ 身長 体重 差分 参照先
村田 諒太選手 ボクシング 182cm 75kg -107 ココ
喜友名 諒選手 空手 170cm 78kg -92 ココ
那須川 天心選手 総合格闘家 165cm 58kg -107 ココ

 

こんな感じで、差分マイナス110って、実はわりと妥当なのではないかとも思うのですよね(レスラーやお相撲さんなどは別として)

もちろん差分マイナス110にあてはまらない方もたくさんいるはずですが、少なくとも実在するのも確かなわけです。よって、この差分域を持つ格ゲーキャラのプロフィールが妥当かそうでないかでいくと、普通に妥当な気もするんですよね。ただ、キャラ描写がゲームとしての見栄えをちょっと優先している=妙に筋骨隆々だったりボンキュボンだったりするだけで。

とはいえ、この「見栄え」に納得がいくかどうかは、人それぞれでしょう。ソルと村田選手、身長・体重がほぼ変わらないわけですけど、先のソルのイラストを村田選手の写真と見比べてみますと「ソルの二の腕さすがに太すぎ?」あたりに違和感を覚えるくらいで、わりと納得できる体格じゃないかなぁ、って個人的には思います。自分がアークさんのゲーム好きだから、ひいきしてる感は正直ちょっとありますけど。苦笑。

ちなみに、友人の話を聞いてると、たとえラノベのように身長・体重が明確になっていなくとも、そのキャラクターのルックスと行動や得物に視覚的な合理性(厳密には想像した絵面との整合性)がないと、どうしても違和感を覚えるという人は、やっぱり一定数いるのだなと思います(むしろ身長体重が見えないからこそ)

でも換言すれば、やや体重が軽めの設定なのに見た目ゴツいキャラが当たり前のGGも世界中でガッチリ人気を得ているので、そこまで気にしなくて良いんじゃないのかなぁとも感じます。むしろそこに縛られて現実的なステータスを設定して、気がつけば自分の思ってたキャラじゃなくなってしまうほうが悲劇だよなぁと(少なくとも作り手側の感覚としては)

 

個人的には、女性キャラクターの場合、ぶっちゃけそこのギャップが可愛いとかあるので、小さな女の子にデカ武器ブンブン振り回してほしいとかいろいろ事情があるのですよね。ええ。笑。だから合理性の担保役については、世界観と設定に全責任を丸投げして、キャラクター描写はトコトン腕をぶん回させていただきたいと思います。笑。

ちなみに筆者も創作するとき、キャラの身長と体重を設定しますが、だいたい差分マイナス100〜110に落ち着きます。

 

とりあえず、そんなところです。

眠いので、寝ます。