swatanabe’s diary

ラノベ作家をめざしてた元ニートの備忘録です。基本ラノベと創作、ゲームの話しかしません。好きなようにしか書きません。

DLsiteのアクションゲーム減ったなぁと思い、リリース本数や売上を調べてみた。

本当に減ったのか気になり、調べてみました。基本情報は以下のとおりです。

  • 調べたサイト:DLsite
  • 調べたカテゴリ:同人ページの作品形式「アクション」に該当した作品
  • 調べた日:2018/12/21

なお、調査対象作品の大半がR-18です。その点を含み置きください(その手の話はしませんが、未成年の方はブラウザバックお願いします) 

 

全体観

調査日段階ですと、対象となる作品総数は1,448作。調査翌日のデータですが、RPGは3,874作、シミュレーションは1,610作、アドベンチャーは6,241作だったので、ほかのジャンルと比べると少ないですね。

 

各年の作品リリース数

2010年以降のリリース本数を見てみると、2017年が最多の187作。2018年は調査日時点で147作と、かなり減っています。

f:id:pewyd:20181222084724p:plain

各年の売上総本数

アクションゲーム全体の売上本数を見ますと、以下のようになります。

f:id:pewyd:20181222084754p:plain

 

過去最多の売上本数は2015年の220,248本。2018年は調査日段階で14万と一気に減っています。もっとも、まだリリース直後のため低くなるのは当然ですので、単純に比較はできません。お気に入りに登録だけして、セールを待っている方も多いでしょう。

面白いと思ったのは、グラフが上がって下がってを繰り返している点。人気サークルさんのリリース周期や集中度の影響でしょうか。

 

各年の売上総額

売上総額の最高は2013年の3億1,150万円でした。

f:id:pewyd:20181222085911p:plain

 

2010年から2012年の成長がすごいですね。ただ、2013年を境に下り坂となり、2017年に過去最高水準まで盛り返すも、今年は2012年の売上総額も下回りました。2018年は売上本数同様、まだリリース直後でもあるため低いです。

 

2018年

では、ここからは各年で見ていきましょう。なお以下、表中でのサークルさん名称は敬称略で記載しております。あらかじめ含み置き願います。

ただ、なぜか最高売上本数と500万以上を売り上げた作品の本数を見比べますと、数字が食い違っているのですよね・・・なぜ?(原因は不明です。検索一覧ページと商品個別ページを見比べたから?)

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 4 250 63 159
11 11 6,545 595 3,246
10 18 12,723 707 3,777
9 9 4,653 517 2,236
8 14 26,019 1,859 12,540
7 11 4,169 379 1,067
6 12 21,831 1,819 19,457
5 16 29,527 1,845 11,618
4 8 11,984 1,498 5,602
3 17 10,625 625 7,240
2 15 9,053 604 4,600
1 12 5,946 496 2,736
年間 147 143,325 975 -

(作品総数:各月のリリース本数 / 売上総本数:各作品の売上本数の合計 / 1作あたりの売上本数:売上総本数を作品総数で割ったもの。小数点第1位以下四捨五入 / 最高売上本数:各月発表作で調査段階で最も販売数が多い作品の売上本数。以下同)

 

この時点でほかの年と比較できるのは作品総数だけですが、ここは先にも紹介したとおり一気に減っています。2018/12/21時点で147作品。もっとも、去年の187作品が飛び抜けているので、これは「2018年になって一気に減った」というより「2017年だけやけに伸びた」と見たほうがいい気もします。

 

2018年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1 ネコロノミコン でじたるおなほ~る 1,728 19,472 33,647,616 
 2

プリンセスディフェンダー

~精霊姫エルトリーゼの物語~

NineBirdHouse 1,404 11,623 16,318,692
 3 アユラクライシス! ダメージ床の上で 1,296 12,542 16,254,432
 4

変幻装姫シャインミラージュ

敗北へのカウントダウン

ミルフィーユ 3,780 4,092 15,467,760
 5

UnHolY DisAsTeR

-Complete Edition-

アンホリクリエイション 1,512 7,243 10,951,416
 6

Womens Defence

~ウィメンズディフェンス~

サークルきんぐ 1,944 5,607 10,900,008
 7 アスモディウスの召喚 PinkPeach 1,944 4,931 9,585,864
 8

おねショタACT

スマッシュボーイ

excess m 1,296 6,570 8,514,720
 9

~necromancy〜

エミリの逃亡

PinkPeach 1,944 3,777 7,342,488
 10 ソウルオブファンタズム ウルトラマンボー 1,944 3,590 6,978,960
 11 魂魄妖夢と淫妖の洞窟 第N本舗 2,052 3,248 6,664,896
 12 銑鉄の探索者 酸遁 1,188 4,962 5,894,856
 13 感情を失くした少女と廃病院からの脱出 ディーゼルマイン 1,944 2,737 5,320,728
 14 DepraviA EgrigorI 青色ハッキョウダイオード 1,944 3,777 7,342,488

(売上高は単価と販売本数を単純にかけたものですが、随時セールが行われており、ポイント還元もあるので、実際にこの金額が売り上がっているわけではありません。以下同)

 

2018年に『アスモディウスの召喚』でDLsiteデビューされたPinkPeachさんが、リリースした2作とも500万以上を売り上げたのが印象的。どちらもイラストといいドットといいゲームの出来といい、すごかったですね。『~necromancy~エミリの逃亡』はなかなか難しかった・・・。

売上筆頭の『ネクロノミコン』は、ヒロインがルックスもボイスも可愛いくてよかったです。ゲーム性がおまけみたいな感じだったのと、操作性が少しもっさりしていたのが個人的に少し残念でしたけど、ヒロイン可愛ければなんでも許せます。

『アユラクライシス!』は、スピード感あるファイナルファイトといった感じで、横スクアクションとしての完成度が高くて、とても楽しかったです。格闘少女というのも個人的に高ポイント。攻撃のエフェクトも格好良くて爽快感がありました。

作品傾向としては、過去と比べますとアクションゲームとしての難易度が上がってきている気がします。あと近年通してですが「格闘×アクション」の組み合わせが少しずつ増えている気も。ファイナルファイト大好きだった筆者にとっては喜ばしい限りです(気のせい?)

 

2017年

この年は2013年とならんで500万超え作品が19作と最も多くなりました。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 18 27,758 1,542 7,456
11 17 15,148 891 6,223
10 12 9,338 778 4,398
9 12 23,797 1,983 10,190
8 17 12,518 736 5,786
7 14 33,475 2,391 24,874
6 17 18,579 1,092 4,011
5 19 18,754 987 9,503
4 20 19,694 985 4,612
3 18 15,332 852 9,638
2 12 9,114 760 6,536
1 11 2,363 215 1,096
年間 187 205,870 1,101 -

 

調査対象期間において、作品数は過去最多、売上本数は第3位となった豊作の2017年。一方、1作あたりの売上本数は1,101本・第6位と低くなりました。また売上本数20万本のうち、500万以上の売上を占めた人気作の売上本数が123,301本。割合でいえば59.9パーセント。この割合は2012年から少しずつ落ち着いていたのですが、2017、2018の2年で伸長。人気作に購買が集中している印象があります。

 

2017年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1 アルプスと危険な森 えっくす・らびっと 1,404 24,882 34,934,328
 2 PAIO HAZARD でじたるおなほ〜る 1,728 9,503 16,421,184
 3 魔法少女ユニDefeat! C-Laboratory 1,512 10,190 15,407,280
 4

ラズベリルキャッスル!

~愚かな冒険者たちにえっちな制裁を

織絶霊園 1,404 9,636 13,528,944
 5

ロードナイトコンプレックス

魔城の姫騎士

ヤマネコソフト 1,620 7,456 12,078,720
 6

LAB2

-UndeR GrounD-

ねこのめめっ 1,620 6,224 10,082,880
 7 ゴブリンウォーカー るしまる堂 1,296 6,611 8,567,856
 8 チャイナ・インフェルノ アトリエわだつみ 2,268 3,561 8,076,348
 9 MissionCode:COCO SMAVERICK 1,620 4,538 7,351,560
 10

機核覚醒

~六欲姫ユーカ~

セルレ部 1,944 3,686 7,165,584
 11 クイーンズレガシー スクラっち☆ 1,944 3,635 7,066,440
 12 Sister Fight Sister Fight 1,080 6,536 7,058,880
 13 エロトラップダンジョン 女子ニモ勝テズ 1,512 4,612 6,973,344
 14

Sword Of Ryonasis

~キルシュと淫獄の迷宮~

アンコクマリモカン  1,728 3,979 6,875,712
 15 Exclusion Zone アリバイ+ 1,404 4,728 6,638,112
 16 悪魔を誘う唄 当方丸宝堂 1,728 3,834 6,625,152
 17

TriggerHappy2

-DarkStriker-

Royal 2,268 2,916 6,613,488
 18 シーイルサーバー ふろねずみ 1,296 4,399 5,701,104
 19 プリンちゃんのボクシングジム2 parabolica 2,160 2,375 5,130,000

 

この年は同人アクションゲームで定番のサークルさんが多く並んだ印象です。

そんな中、個人的に最も印象的だったのは、織絶霊園さんの『ラズベリルキャッスル!』でしょうか。攻めこんでくる勇者一行を倒すために、魔物を召喚する魔法陣を自分で配置していくタワーディフェンス形式のアクションゲームです。キャラクターみんな可愛いですし、ゲーム性も絶妙で、最初はいい感じに焦っていたのを覚えています。簡単操作でテンポ良く楽しめる、とても面白いゲームでした(思い出すとやりたくなってきますね)

それ以外ですと、C-Laboratoryさんの『魔法少女ユニDefeat!』。魔法少女を操作して敵(1種類だけ)を倒すだけのシンプルな格ゲーで、ボタン一つで多彩な攻撃が繰り出せるお手軽さが魅力です。でもコンボのつなげ方がいろいろあったり、あえて難易度を上げてから戦うと、敵との距離のとり方や攻撃のタイミングなども考えないと勝てないので、かなりやりこめます。

あとはやはり、どちらもDLsiteデビュー作となった、えっくす・らびっとさんの『アルプスと危険な森』と、でじたるおなほ〜るさんの『PAIO HAZARD』。

特に『アルプスと危険な森』は、サンプルCGとムービーの綺麗さに惚れて衝動買いしましたが、ゲームとしてもとても満足でした。ゲームとしては、謎解き要素のある探索アクションといった感じのゲーム。悪漢の追跡や怪物の襲撃を躱しながら、森の出口をめざします。途中のトラップにひっかかったり、隠れている怪物に不意をつかれたりするとゲームオーバー。背景や設定、演出など、作品全体にダークでホラーな雰囲気が満ちており、とても完成度が高かったです。

 

2016年

この年はラノベに集中しきっており、同人ゲームにほとんど手を出していないので、あまり書けることがありません。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 10 17,832 1,783 6,288
11 18 10,687 594 4,790
10 17 27,438 1,614 15,220
9 15 6,527 435 2,063
8 16 16,625 1,039 9,088
7 12 13,840 1,153 5,234
6 11 21,997 2,000 6,383
5 9 2,494 277 1,384
4 19 13,026 686 2,129
3 6 2,611 435 1,287
2 15 23,604 1,574 7,371
1 13 9,576 737 3,669
年間 161 166,257 1,033 -

 

2018、2017と比べますと、少し数字がへこんでいる印象です。1作あたりの売上本数も2011年以降では最も低くなりました。

 

2016年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1

極煌戦姫ミストルティア

ベルトスクロールアクション

ミルフィーユ 3,456 7,371 25,474,176
 2

おねショタ剣戟ACT

パレードバスター

excess m 1,620 15,219 24,654,780
 3 Virus Z SMAVERICK 1,944 5,589 10,865,016
 4

UNBREAKER

~ヒロインピンチベルトアクション~

アンコクマリモカン 1,944 5,128 9,968,832
 5 FIGHTING GIRL SAKURA-R Umai Neko 1,080 9,087 9,813,960
 6 ミリア戦記DX D-Gate 1,512 6,287 9,505,944
 7 RUINTERRIBLE-ルインテリブル- すにぃる 2,052 4,342 8,909,784
 8 Mansion アリバイ 1,404 5,561 7,807,644
 9 魔法の谷のエムリス フィニッシュドール 1,620 4,790 7,759,800
 10

ViotoXica

~Vore Exploring Action RPG~

Xi 1,404 4,858 6,820,632
 11

ツナガルドリーム

ショタがエッチな目にあうアクションゲーム

青色ハッキョウダイオード 1,728 3,669 6,340,032
 12 flowerfairy ミシン工場 1,188 5,234 6,217,992
 13

トレジャーハンターエリル

~借金エルフと鬼畜遺跡の秘宝~

ひみつ結社 1,404 4,078 5,725,512

 

2016は、やはりミルフィーユさんの『極煌戦姫ミストルティア』の年だったように思います。それまでファンタジー系のアドベンチャーゲームで活躍されていたサークルさんがいきなり変身ヒロインのベルトアクションにやってきて、しかも価格が3,000円台とやや高め。でも、アクションゲームとしての完成度はとても高かったですし、やりこみ要素も豊富にありましたし、CGもドットも綺麗でしたし、大満足でした。

ほかに印象に残っているのは、excess mさんの『パレードバスター』。スマホゲーっぽい発想を持ちこんだゲーム性が斬新で凄く面白かったです。関係ないですが、excess mさんのゲームのイラストって、なんか不思議な魅力ありますよね。綺麗である以上に、なにか本能にくるといいますか。

あとはアリバイさんの『Mansion』。ホラー系の探索ゲーが大好きでいろいろ探しているんですけど、なかなか惹かれるものがなく、そんな中で久しぶりのヒットでした。そういえばアリバイさん、この頃から別名義サークルのアリバイ+が立ち上がって、そちらから『Mansion』の絵師さんを起用したアクションゲームが多く出るようになりましたね。

 

2015年

売上本数が調査期間中で最高を記録したのが、この年でした。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 9 20,682 2,298 9,838
11 12 7,916 660 5,754
10 8 9,276 1,160 3,404
9 21 28,535 1,359 5,158
8 12 32,380 2,698 22,360
7 12 15,952 1,329 5,468
6 15 39,299 2,620 19,116
5 13 20,957 1,612 18,800
4 14 19,505 1,393 8,300
3 9 9,137 1,015 5,448
2 7 1,979 282 1,170
1 13 14,630 1,125 3,987
年間 145 220,248 1,519 -

 

5、6、8月に10,000本を超えた作品が出ており、1作あたりの平均売上本数も多いですね。それだけ人気サークルの活動が活発だったということでしょうか。

 

2015年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1

 トビ姫

- Inter Breed -

暗黒郷物語 1,728 19,119 33,037,632
 2

Bullet requiem

-バレットレクイエム-

D-is 1,404 18,802 26,398,008
 3

UnHolY JaiL

-Complete Edition-

アンホリ☆プロダクション 1,620 8,877 14,380,740
 4 ぶちこめ☆ハイキック! アオクマシー 1,296 9,838 12,750,048
 5 FIGHTING GIRL MEI Umai Neko 2,052 6,053 12,420,756
 6 ラクエンイセキのリムリリム 幻奏黒夢館 1,404 8,300 11,653,200
 7

Damned, Kill me!!

〜くっ、殺せ! オークと女騎士の物語〜

当方丸宝堂 1,944 5,756 11,189,664
 8 Anthophobia Terrarium 1,944 5,191 10,091,304
 9 ソウルオブフォージュリー ウルトラマンボー 1,836 5,468 10,039,248
 10 サムライ・さくらメント モサ・ボックス 1,512 5,159 7,800,408
 11 FIGHTING GIRL SAKURA Umai Neko 1,944 3,987 7,750,728
 12 触手逆襲 乙姬無惨 水の妖精 1,728 3,970 6,860,160
 13 俺と凛の悶快なX Etching Edge 1,944 2,731 5,309,064
 14

機核覚醒

~機工姫ルース~

セルレ部 1,620 3,274 5,303,880
 15 俺の町が止まった時 ミラクルハート 1,404 3,603 5,058,612

 

1,000万超えの作品が9作となりました。

個人的に印象的だった作品としては、ウルトラマンボーさんの『ソウルオブフォージュリー』とモサ・ボックスさんの『サムライ・さくらメント』でしょうか。

『ソウルオブフォージュリー』は、ゲームとしては(ほぼ)一本道ですが、難易度が絶妙で、いろんな縛りをつけても楽しめる良いゲームでした。ノーダメやアイテム使用禁止などはもちろん、ジャンプ禁止、スキル使用禁止、片手プレイなど、いずれも程よい苦労でクリアでき、次はどうクリアしようと探す楽しみがありましたね。

『サムライ・さくらメント』は、ロックマンXのようなプレイ感のゲームで、スピード感があって楽しかったです。難易度も簡単すぎず難しすぎずで作業ゲーにならず、ゲームやってる感があります。CGやキャラクターももちろん良いんですが、純粋にアクションゲームとして面白かったです。

あとは『ぶちこめ☆ハイキック!』でしょうか。ほんとにただハイキックをぶちこむだけのゲームなんですけど、なにか中毒性ありますよね、このゲーム。

 

2014年

さて。お気づきの方もいるかと思いますが、もうさすがに疲れてきましたので、あとは適当に流していきます。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 20 28,417 1,421 8,353
11 9 15,401 1,711 7,130
10 13 15,777 1,214 5,949
9 15 21,404 1,427 5,324
8 15 28,329 1,889 8,013
7 5 6,202 1,240 3,267
6 10 6,175 618 1,707
5 13 13,933 1,072 6,302
4 7 2,546 364 626
3 16 24,803 1,550 7,412
2 6 5,200 867 2,003
1 13 26,547 2,042 20,832
年間 142 194,734 1,371 -

 

2014年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1

WITCH GIRL

-EROTIC SIDE SCROLLING ACTION GAME 2-

KooooN Soft 2,052 20,834 42,751,368
 2

D e p r a v i A

~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~

青色ハッキョウダイオード 1,728 8,354 14,435,712
 3 ギルドマイスター2 ウルトラマンボー 1,836 7,412 13,608,432
 4 アルハランの聖杯 ウォータースプーン 1,404 8,013 11,250,252
 5 セイナルモノヘ 当方丸宝堂 1,620 6,303 10,210,860
 6 エルフの騎士ジゼル マスクロ 2,160 4,217 9,108,720
 7 女戦士とえっちな旅の仲間たち ねこふぐり 1,944 4,338 8,433,072
 8 キメラの繁殖 ベェーカリィー 1,404 5,951 8,355,204
 9

SUPER 117

~帰ってきた天気予報~

七草堂 1,728 4,790 8,277,120
 10 SAKURA Town 三丁目の男 ISAmu.のお部屋 1,836 4,371 8,025,156
 11 JKハザード ぴんくばなな-ソフト 1,944 4,121 8,011,224
 12 奴隷少女エナ C-Laboratory 972 7,130 6,930,360
 13 少女錬金術師 アネットの冒険 orange girl 1,404 4,794 6,730,776
 14 レイパー・ゲーム dark.ryona.x15 1,512 4,304 6,507,648
 15

Travel淫g

~エッチで巨乳な悠梨の、やられ旅~

Etching Edge 1,944 3,267 6,351,048
 16 Demon's Sperm フルフラップ 1,188 5,324 6,324,912
 17 ドロシーと淫らしの森 八房の小部屋 2,052 2,889 5,928,228

 

この年はなんといってもKooooN Softさんの『WITCH GIRL』ですね。1作だけ売上の額も本数も飛び抜けています。実際ゲームとしてすごく面白いですし、主人公の魔女っ娘も可愛い。裏ボスに負けたときのバッドエンドがちょっと重いなぁという点以外は、今でもたまにプレイするくらいお気に入りです。

しかしこうしてみてきますと、最近アクションゲームであまり名前を聞かなくなったサークルさんも多いなぁと感じます。アンホリ☆プロダクションさんとか、フルフラップさんとか、ISAmu.のお部屋さんとか。やっぱり制作、大変なんでしょうね。

 

2013年

総売上高が唯一3億を超えた年です。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 19 23,653 1,245 7,396
11 15 34,837 2,323 12,663
10 14 16,524 1,180 6,108
9 12 13,832 1,153 9,211
8 15 22,157 1,477 9,850
7 9 6,895 776 4,511
6 12 22,684 1,890 7,572
5 14 18,037 1,288 6,837
4 10 27,878 2,788 16,419
3 11 8,987 817 3,086
2 13 19,732 1,518 5,751
1 7 4,526 647 4,116
年間 151 219,832 1,456 -

 

2013年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1 楽園魔城リピュアリア 幻奏黒夢館 1,620 16,422 26,603,640
 2 parasite in city PIXEL FACTORY 1,620 12,663 20,514,060
 3 UnHolY SaNctuaRy アンホリ☆プロダクション 1,620 9,851 15,958,620
 4 ヴィータ大脱出 Heliodor 1,512 9,212 13,928,544
 5 LAB-Still Alive- ねこのめめっ 1,620 7,572 12,266,640
 6 Punisher †世界侵略神奈川姫路☆深淵の超音速最強ラプターリターンズ改† 1,944 6,008 11,679,552
 7 GIRLvsGIRL 七草堂 2,052 5,472 11,228,544
 8 ファイナルファック NONKI 1,620 6,108 9,894,960
 9

スプラッタービーチ

~横スクロールエログロアクション~

アンコクマリモカン 1,944 4,670 9,078,480
 10 狩人の夢守る旅 excess m 1,080 8,172 8,825,760
 11 女戦士監禁 ねこふぐり 1,512 5,751 8,695,512
 12

オルガファイター

ERO Flash Action GAME

ONEONE1 2,052 4,116 8,446,032
 13 変態黙示録ズブリウス スクラっち☆ 1,728 4,759 8,223,552
 14 Eroico Kyrieru 1,080 6,837 7,383,960
 15 釈我-SYAKUGA- ISAmu.のお部屋 1,944 3,625 7,047,000
 16 エルフと淫辱の森 softhouse-seal 2,052 3,047 6,252,444
 17 Trigger Happy Royal 1,620 3,534 5,725,080
 18 淫獣と魔女とその娘 粗製 756 7,396 5,591,376
 19 絶頂成長!魔法少女ハルカ softhouse-seal 2,052 2,545 5,222,340

 

そういえば、softhouse-sealさんも今はもっぱらDMM(FANZAに名前が変わりましたけど、しっくりこないのでDMMでいきます)で活動されていますね。個人的にDMMはクレカ使うのが怖いので(特に理由はありません。ただの先入観です)、DLsiteしか使っておらず(ポイント還元もいいですし)。そのためいまはもう買わなくなってしまいました。くの一ものとか好きだったんですけど(作品タイトル忘れましたけど、特にモニカが出てくるやつ。というかモニカがかわいい)。そちらのほうが手数料が安いとかあるのでしょうか。

 

2012年

この頃は人気作に購買が集中していた印象です。アクションゲームの売上が一気に伸びはじめた年であることも併せると、まだ市場の求めるクオリティのゲームが少なかったという感じだったのでしょうか。

 

各月の作品リリース数や売上総本数などのデータ

  作品総数 売上総本数 1作あたりの売上本数 最高売上本数
12 15 28,104  1,874 17,518
11  8  30,761  3,845  10,095
10  10  18,639  1,864  8,674
9  5  3,223  645  2,544
8  11  13,787  1,253  6,896
7  10  34,058  3,406  21,970
6  5  7,152  1,430  3,472
5  4  5,165  1,291  3,402
4  6  19,261  3,210  9,009
3  7  5,491  784  2,073
2  5  4,508  902  2,947
1  8  9,342  1,168  4,078
年間 94 179,491 1,909 -

 

この年はまだリリース本数が100本に届いていませんでした。また売上本数の実に63.0パーセントを、500万以上を売り上げた人気作が占めていました。

 

2012年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1 アイリス☆アクション おいらん☆一味 1,944 21,972 42,713,568
 2 王様はおねショタの夢を見る excess m 2,052 9,420 19,329,840
 3 昇天!もののけ村!! ベルゼブブ 2,376 6,896 16,384,896
 4 迷宮のマリオネット PCを窓から 756 17,519 13,244,364
 5

アニスの冒険

~横スクロールHアクションゲーム~

アンコクマリモカン 1,944 6,130 11,916,720
 6 Kurovadis Kyrieru 1,188 9,009 10,702,692
 7 ギルドマイスター ウルトラマンボー 1,944 6,128 10,589,184
 8 最終魔導兵器メイジロイド C$ 1,296 7,264 9,414,144
 9

華麗に悩殺♪ くのいちがイク!

~桃色ハレンチ忍法帳~

softhouse-seal 2,052 4,078 8,368,056
 10 NAKED ORDER CIRCLE STREAK 756 10,095 7,631,820
 11

スプラッタースクール

~横スクロールエログロリョナアクション~

アンコクマリモカン 1,404 5,158 7,241,832
 12 淫学園でアクメちゅ~! 八房の小部屋 2,052 2,952 6,057,504
 13

淫らに滅殺! 桃色くノ一忍法帖♪

~陵姦将軍の淫棒!?~

softhouse-seal 2,052 2,875 5,899,500
 14 銀河戦士ソフィ スクラっち☆ 1,620 3,504 5,676,480

 

最も印象に残っているのは、やはり『アイリス☆アクション』。普通にアクションゲームとしてやりごたえがありました(けっこう難しかった印象です)。あとは『銀河戦士ソフィ』でしょうか。難易度はほどほど(ボス戦はパターンを掴まないと、意外と苦労しそうな気もします)で、操作性も多少くせはあるものの悪くなく、手軽に楽しめるアクションゲームでした。

それにしても、アンコクマリモカンさん、excess mさん、スクラっち☆さん、ウルトラマンボーさん、ベルゼブブさんあたりは、本当に長いですね。ベルゼブブさん、最近シミュレーション中心のリリースになっているので、またアクションを出してくれないかなと密かに期待しています。

 

2011〜2010年

この2年間は数値データを出しても面白くないので、500万超えの作品だけ並べておきます。

 

2011年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1

SHINOBI GIRL

-EROTIC SIDE SCROLLING ACTION GAME-

KooooN Soft 2,052 26,535 54,449,820
 2 クイーンズアックス NONKI 1,620 6,141 9,948,420
 3

朝からずっしり★ミルクポットSPECIAL

~街中で隠れセンズリに夢中になっちゃうふたなりっ娘スニーキングアクションゲーム~

みさくらなんこつハースニール 2,052 4,501 9,236,052
 4 ハナカンムリ○ ノイジークラウン 972 9,018 8,765,496
 5

暴虐姦獄

~レイプシミュレータ~

StudioS 1,620 4,649 7,531,380
 6 女帝囚人H 特盛じゃ ISAmu.のお部屋 1,836 3,954 7,259,544
 7 奴隷闘士F SPECIAL EDITION StudioS 1,620 4,065 6,585,300
 8

コカゲの伝説

~横スクロールHアクションゲーム~

アンコクマリモカン 1,296 4,556 5,904,576

 

2010年発表で売上500万を超えた作品

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1 スーパーストリップファイターIV StudioS 1,620 10,334 16,741,080
 2

ラナバウト!【Run・About】

~アヘ顔さらして逃げまどえッ~

ディーゼルマイン 1,944 2,574 5,003,856

 

2011年、KooooN Softさんの『SHINOBI GIRL』が5,000万を超えています。これはこの年のアクションゲームの売上全体の22パーセントを占めていました。凄いですね。2010年は、ディーゼルマインさんの1作が入りました。思えば、ここまで一度しか名前が出てこなかったのが不思議ですね。

 

2010年以降に発表された作品の売上高TOP20

最後に2010年以降の発表作を、売上高TOP20だけですが並べてみたいと思います。

 

  作品 サークル 単価 売上本数 売上高
 1

SHINOBI GIRL

-EROTIC SIDE SCROLLING ACTION GAME-

KooooN Soft 2,052 26,535 54,449,820
 2

WITCH GIRL

-EROTIC SIDE SCROLLING ACTION GAME 2-

KooooN Soft 2,052 20,834 42,751,368
 3 アイリス☆アクション おいらん☆一味 1,944 21,972 42,713,568
 4 アルプスと危険な森 えっくす・らびっと 1,404 24,882 34,934,328
 5 ネコロノミコン でじたるおなほ~る 1,728 19,472 33,647,616
 6

トビ姫

- Inter Breed -

暗黒郷物語 1,728 19,119 33,037,632
 7 楽園魔城リピュアリア 幻奏黒夢館 1,620 16,422 26,603,640
 8

Bullet requiem

-バレットレクイエム-

D-is 1,404 18,802 26,398,008
 9

極煌戦姫ミストルティア

ベルトスクロールアクション

ミルフィーユ 3,456 7,371 25,474,176
 10

おねショタ剣戟ACT

パレードバスター

excess m 1,620 15,219 24,654,780
 11 parasite in city PIXEL FACTORY 1,620 12,663 20,514,060
 12 王様はおねショタの夢を見る excess m 2,052 9,420 19,329,840
 13 スーパーストリップファイターIV StudioS 1,620 10,334 16,741,080
 14 PAIO HAZARD でじたるおなほ〜る 1,728 9,503 16,421,184
 15 昇天!もののけ村!! ベルゼブブ 2,376 6,896 16,384,896
 16

プリンセスディフェンダー

~精霊姫エルトリーゼの物語~

NineBirdHouse 1,404 11,623 16,318,692
 17 アユラクライシス! ダメージ床の上で 1,296 12,542 16,254,432
 18 UnHolY SaNctuaRy アンホリ☆プロダクション 1,620 9,851 15,958,620
 19

変幻装姫シャインミラージュ

敗北へのカウントダウン

ミルフィーユ 3,780 4,092 15,467,760
 20 魔法少女ユニDefeat! C-Laboratory 1,512 10,190 15,407,280

 

販売期間の長い古めの作品が多く並ぶのかなと思いましたが、むしろ新しい作品が多いのに驚きました。5位の『ネクロノミコン』は2018年、4位の『アルプス』は2017年、9位の『ミストルティア』と10位の『パレードバスター』は2016年。以下、14位の『PAIO HAZARD』は2017年、16位の『プリンセスディフェンダー』と17位の『アユラクライシス!』、19位の『シャインミラージュ』はいずれも2018年、20位の『魔法少女ユニDefeat!』は2017年です。

 

RPGも調べてみたいのですが、さすがに4,000近いデータを洗いたくはないので、いつか気が向いて時間ができて体力もあって心にも余裕があれば、といった感じです。