swatanabe’s diary

webライター、ラノベ書き(アマ)。だいたい創作とゲームとラノベの話です。

わりと盛り上がった(モメた)クール系ヒロイン分類談義

f:id:pewyd:20190616225640j:plain

そろそろストーリーモードやるかと始めてみたものの、ラグナ使うの久しぶりすぎて、テイガーにボロ負け。というわけで、Esのチャレンジを停止してリハビリ中。

 

f:id:pewyd:20190621230632j:plain

あと、気になってたマイを少しプレイ。機動力あるキャラ好きだからプレイした感じは好みですが、クセのある新キャラたちの中でも特にクセが強い。使いこなせるイメージが湧きません。

と。日課の報告も済んだところで、本題です。

 

     *

 

クール系ヒロインの分類。少し前にオタクな友人たちとピザ屋で紛糾した話題です(ケンカしたわけではないです)

この手のモメそうな話題には首をつっこまない主義のため、筆者は隅で「ピザうま〜」「ウィルキンソンのジンジャーうま〜」とスルーしてたのですが、酔いの回った連中のウザ絡みから逃げ切れませんでした。

 

で。結論どうなったかといいますと。

その時の資料からラノベのヒロインだけ抜き出すと、こんな感じに。

f:id:pewyd:20190620223539p:plain


筆者たちの趣味の影響でヒロインに妙な偏りが見られるのと、個人的に納得いかない配置がありますが、それは置いといて。

 

分類軸は最終的に上のようになりました。横は感情の有無および程度による内面軸、縦は綺麗か可愛いかによる外見軸。

無理して四象限に収める必要もないわけですが、フォーマットが決まってると思考実験は楽なので、今回はこのスタイルです(そんなとこまで律儀に考えて、このテーマを議論するいい年の大人たち)

 

     *

 

最初は内面×内面の2軸を推す派と、内面×外面の2軸を推す派に分かれました。

 

内面×内面派は、

「同じ内面属性で可愛い子もいれば綺麗な子もいる。だから分類の上で優先すべきは内面」

という意見。ひとことにクールといっても、クーデレや無口など多用な内面があり、1軸でカバーするのは(おそらく)無理があるという感じですね。

 

内面×外面派は、

「キャラクターの魅力は内面と外面が合わさってこそ」

というシンプルな意見。現実なら「人は見かけより中身」なんでしょうが、創作上のキャラクターだと話は別。クールビューティーという言葉もあるように、外見も受け手にとって重要な属性です。

 

で。試しに内面×内面でいろいろな2軸を取ってやってみましたが、これが全くうまくいかず。「この子、どこに置けばいいんだ?」という子がけっこう出てきました。

もっとも冷静に考えれば、誰もが持ってる内面属性が(おそらく)存在しない以上、特定の属性で両軸を固定するのは無理があって当然なのですが。

で、その後に紆余曲折ありつつも、最終的には「外面×内面のほうが良かろう」となりました。

 

     *

 

外面軸は、わりとスムーズに「綺麗 ー 可愛い」で決着しました。

が。内面軸は相変わらず紛糾ポイント。

最初は左の極に「強気」、右の極に「清楚」など、わりと多くのクール系キャラが持っていると思われる属性を置いてみました。

f:id:pewyd:20190620233130p:plain


が。これもうまくいかず。

この2軸でも結構いい感じではあったんですが、たとえば無口系のキャラ(ex. 長門有希、ミリンダなど)をどこに置くのかという問題が生じました。清楚とも違うし、強気には見えるけど、やっぱりちょっと違う、と。

その後、「そもそも清楚の反対って強気じゃなくない?」「それ言ったら可愛いの反対だってビューティーじゃないだろ」など喧々諤々ワイワイガヤガヤした結果、最終的に「感情の鋭さ」が横軸となりました。「内面とはすなわち感情の顕われだから、感情の温度感を軸に分類するのが理に適うのでは?」ということで。

f:id:pewyd:20190620223539p:plain


結果、こうなりました。

 

     *

 

左から右へ行くにつれて、感情の強さが落ちていくイメージですね。激情型というのは、感情がとても鋭いキャラ。ドSとかですね。無感情型は、そのまんまです。

具体的にいくつかの属性を並べていきますと、

  • クーデレな子:右から2列目
  • ツンデレな子:左から1〜2列目
  • 無口な子:最右列
  • 穏やかな子:右から2列目
  • 清楚な子:最右列
  • ドSな子:最左列
  • 性格が極端(アレ)な子:最左列
  • 勝ち気な子:左から2列目

とか、そんな感じ。

 

感情の尖鋭度という抽象的な設定にしたことで、特に右から2列目が分かりにくい(なんでも突っ込めるセコい)感じにはなりましたが、遊びにしては上手い具合にまとまったかなと勝手に思ってます。何かの役に立つとは思いませんが。

 

とりあえず、そんなところです。

眠いので、寝ます。