swatanabe’s diary

ラノベ作家をめざしてた元ニートの備忘録です。基本ラノベと創作、ゲームの話しかしません。好きなようにしか書きません。

本を読んだ気になるシリーズ

『「欲しい」の本質』感想

『「欲しい」の本質』感想

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.012|戦術とは個々の戦闘を形成するもので、戦略とはその戦争をどう使用するのかを規定するものである

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.012|戦術とは個々の戦闘を形成するもので、戦略とはその戦争をどう使用するのかを規定するものである

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.011|戦争における摩擦は、事前に完璧に把握することはできないが、動揺しないように備えることはできる

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.011|戦争における摩擦は、事前に完璧に把握することはできないが、動揺しないように備えることはできる

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.010|最高司令官には軍事的知見だけでなく、政治的知見も必須である

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.010|最高司令官には軍事的知見だけでなく、政治的知見も必須である

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.009|将帥はいかなる場合も原理原則に忠実でなければならない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.009|将帥はいかなる場合も原理原則に忠実でなければならない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.008|優れた将帥には軍事的天才が求められる

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.008|優れた将帥には軍事的天才が求められる

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.007|どんな手段を用いる戦争であれ、必ず「闘争」を伴わなければならない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.007|どんな手段を用いる戦争であれ、必ず「闘争」を伴わなければならない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.006|戦争は相手に「勝てない」と思わせられるかどうかも重要

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.006|戦争は相手に「勝てない」と思わせられるかどうかも重要

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.005|戦争とは「ほかの手段をもってする政治の継続」である

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.005|戦争とは「ほかの手段をもってする政治の継続」である

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.004|戦争とは「博戯(賭け事)」のようなものである

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.004|戦争とは「博戯(賭け事)」のようなものである

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.003|なぜか目的を達成しようとしない(ように見える)戦争が、たしかに存在する

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.003|なぜか目的を達成しようとしない(ように見える)戦争が、たしかに存在する

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.002|たった一度の戦いで決着がつく戦争は存在しない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.002|たった一度の戦いで決着がつく戦争は存在しない

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.001|戦争とは、こちらの意志を相手に強要するための最終手段である

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.001|戦争とは、こちらの意志を相手に強要するための最終手段である